英規制当局のFCA、ジェミナイなど2つの仮想通貨取引所にライセンス付与

リップル
 英金融規制当局の金融行動監視機構(FCA)は、2つの仮想通貨(暗号資産)取引所に対してライセンスを付与した。デジタル証券取引所のArchaxと、ウィンクルボス兄弟の仮想通貨取引所ジェミナイの英法人の2つだ。FCAのウェブサイトによると、Archaxとジェミナイ・ヨーロッパ・サービスは、それぞれ8月18日と19日の時点で、「暗号資産企業」として英国で登録を取得した。どちらの取引所も1月10日から義務付けられているマネーロンダリング防止(AML)とテロ資金供与対策(CTF)規制のリスク評価に関して、コンプライアンス要件を満たしたことになる。Archaxは8月19日のブログ投稿で、FCAの決定により「FCAが規制するデジタル証券取引所・カストディアンとして英国で初だ」と発表している。1ヶ月以上前の7月6日、大手取引所クラーケンがFCAによってライセンスを取得した最初の仮想通貨取引所になった。ただし、クラーケンの英法人の場合は、「特定のアクティビティと商品タイプ」に対して許可された企業としてリストされており、Archaxやジェミナイとは別のカテゴリーとなっている。英国のフィナンシャル・ニュー

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました