中国政府主導のブロックチェーンプロジェクト、来年にもステーブルコインをサポートへ

リップル
 中国政府主導のブロックチェーン・プロジェクトであるブロックチェーン・サービス・ネットワーク(BSN)が2021年中にもステーブルコインをサポートすることがわかった。BSNの開発に関わる大手テック企業レッド・デート・テクノロジー(Red Date Technology)のへ・イファンCEOがコインテレグラフに明らかにした。BSNは2019年10月に試験的に始められたBSNは、2020年4月に商用利用を正式に開始した。中国の国家情報センター(SIC)が主導するブロックチェーン・イニシアチブだ。ブロックチェーンアプリケーションの開発やデプロイ、運用・保守、規制などにかかるコストを大幅に削減でき、中小企業のブロックチェーンへの参入障壁を減らすことが期待されている。イファン氏によると、ステーブルコインがBSNエコシステム上の様々なサービスの支払いに使われると説明「ステーブルコインだけが簡単、迅速、安全に支払いを実行できる」とした。ノードプロバイダ間での即時決済を可能にするという。「BSNは参加者の間での多くの清算と決済に取り組む。例えばパブリックシティ・ノードプロバイダはBSN上にクラウドリソ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました