市場が予想するイーサリアムの“大きな”価格変動

リップル
リサーチ企業スキュー(Skew)によると、イーサリアムとビットコインの3カ月アット・ザ・マネー・インプライド・ボラティリティのスプレッド(差)は29%まで上昇し、2月23日以来の高水準となった。インプライド・ボラティリティは、オプション市場の価格を使って計算され、原資産の価格変動の可能性についての市場の予想を表す指標。一般に市場のリスクを表す指標と考えられている。この2つの暗号資産(仮想通貨)のボラティリティ(価格変動)の差を表すこの指標は、2カ月でマイナス2.4%から29%に上昇した。出典:Skew関連記事:ビットコイン、価格変動は7月以降に活発か:オプション市場データが示唆大きな価格変動の可能性──必ずしも上昇するわけではないボラティリティ・スプレッドの急上昇は、投資家は次の四半期、ビットコインよりもイーサリアムの方が大きな値動きになると考えていることを示している。「投資家はDeFi(分散型金融)に注目しており、イーサリアム価格は大きく変動する可能性があると考えている」とスキューのエマニュエル・ゴー(Emmanuel Goh)CEOは述べた。だがインプライド・ボラティリティは、次の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました