まもなく大きなボラティリティか、月末に迫る仮想通貨ビットコインの3つの要因

リップル
 仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)の月足のローソクが終値に近づくにつれて、ボラティリティが高まる可能性が出てきている。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の先物契約と、デリビットのオプション契約の満期まであと4日となる中、ビットコインの短期的な方向性は依然不透明となっている。来週にかけてボラティリティが急上昇すると予想される3つの理由はビットコインが長期にわたって調整を続けていること、直上に重要なレジスタンスレベルがあること、ビットコイン先物とオプション契約の先物が満期を迎えることだ。1週間続く調整8月17日に、ビットコイン価格はコインベースで12486ドルという高値に急上昇し、年初来高値を更新した。しかし、その後は狭いレンジの値動きとなり、再び12000ドルの突破は見られていない。ビットコインは上昇とも下落ともわからない値動きがないまま、長期にわたって調整が続くと、過去の傾向からボラティリティが高くなる傾向がある。8月19日以降のビットコインは4.5%以内のタイトなレンジにとどまっている。(出典:Mayne)仮想通貨トレーダーのMayne氏は、11650ドルのサポートが短

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました