本田圭佑オーナーのアフリカサッカークラブ トークン発行開始 フィナンシエで

リップル
 フィナンシエ(FiNANCiE)がサッカー元日本代表の本田圭佑氏がオーナーを務めるプロサッカークラブのトークン発行を開始したと27日に発表した。本田氏がオーナを務めるサッカークラブは、アフリカ・ウガンダ共和国のプロサッカークラブ「SOLTILO Bright Stars FC」。現在同クラブは、ウガンダ共和国のプロサッカーリーグ1部に所属している。拠点は首都のカンパラで2019年2020年シーズンは12位だった。同シーズンは、新型コロナウイルス感染拡大の影響でリーグ中断・終了した。フィナンシエは同時にクラブの初期サポーター募集を開始。クラブ会員証や公式ユニフォームなどサポーター特典購入時に付いてくるトークンを保有していれば、限定コミュニティへの参加やクラブ発信の企画に参加することが可能となる。またトークン保有者限定のイベントも開催予定だという。スポーツクラブのトークン発行はフィナンシエ初だ。フィナンシエによると、クラブは「数年以内にウガンダNo.1人気と実力のあるクラブ」に成長することを目指している。本田氏は、フィナンシエとの提携について以下のようにコメントした。「今回、僕らが経営す

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました