情報筋によると、世界最大のダークネットエンパイアマーケットの出口は詐欺、3000万ドルがビットコインで盗まれた

リップル
 世界最大のダークネットマーケット(DNM)の1つであるエンパイアマーケットは、今週、市場が数日間オフラインにされた後に終了したとされています。DNMの常連客は、エンパイアマーケットの離脱に腹を立てており、顧客はダークネットの管理者が保有するビットコインで3000万ドルが盗まれたと言っています。三日前にnews.Bitcoin.comが報告された私たちのレポートはDNMが36時間以上オフラインだった示していたとして、帝国市場の最近のダウンタイムに。当時、非難の多くは分散型サービス拒否(DDoS)攻撃によるものでした。しかし、時間がくつろいでいくにつれて、顧客、ベンダー、およびDNMの研究者は、「出口詐欺」理論についてより定期的に議論し始めました。出口詐欺とは、ダークネットマーケットプレイスのモデレーターが警告なしに突然操作をシャットダウンし、ユーザーとベンダーの資金が盗まれた場合です。たとえば、ベンダーは特定のDNMに商品をリストするために預金を支払うことがあり、顧客は交換中にDNMウォレットやエスクローシステムにも資金を保管します。過去の出口詐欺により、DNMモデレーターは、操作を突

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました