新型コロナ不況でも3倍の成長──分散型取引所カイバー・ネットワークとは

リップル
カイバー・ネットワークは、新型コロナウイルスによる封鎖のなかで最も注目のトークンプロジェクトだろう。分散型取引所カイバー・ネットワーク分析企業フリップサイド・クリプト(Flipside Crypto)によると分散型取引所(DEX)の「カイバー・ネットワーク(Kyber Network)」は、新型コロナウイルス不況のなか、開発者の貢献、ソーシャルメディアでの話題、ブロックチェーンの記録、ウォレットアドレス、対応アプリの点で、現状、最も急成長しているプロジェクトだ。カイバー・ネットワークが発行しているトークン「KNC」は、メッサーリ(Messari)によると、2019年12月の約0.18ドルから2020年3月初旬には0.64ドルへと高騰した。トレーダーはKNCを利用する必要はないが、KNCは近い将来、ステーキング報酬や開発に関する投票などに使われるようになる。また、カイバー・ネットワークはユニスワップ(Uniswap)、IDEXに次ぐ3番目に人気のDEXで、そのDeFi(分散型金融)システム内に約540万ドル(約5億8000万円)相当の準備金を保有している。2020年3月だけで2億ドル相当

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました