仮想通貨の技術的観点からみた、ビットコインの将来性と課題点

リップル
ビットコインの技術:使われているプログラミング言語、開発体制仮想通貨ビットコインは、C++を使って開発されているオープンソースのプロジェクトです。 C++は処理が速く、Adobe Systems、Amazon、Paypal、Chromeなど多くのソフトウェアがC++で構築されています。開発体制については、ビットコインには特定の管理者が存在しないことが特徴で、ビットコインにおける改善の提案や実装はビットコインのコミュニティによって行われています。githubやreddit、bitcointalkといったサイトに有志が集い、日々改善の提案やそれに関する議論が行われています。有志の集まりですが、それぞれがビットコインに関連する会社に所属していたりするので利害の不一致からコミュニティ内で対立が起こることもあります。技術面から見た優れている点ビットコインは言わずと知れた仮想通貨(暗号資産)の原点です。また、現在仮想通貨以外にも様々な領域で応用が進められているブロックチェーンの原点でもあります。ビットコインの革新的な点は、すでに存在していた技術を組み合わせることで、国や銀行を必要としない金銭的価値

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました