米株、金、仮想通貨ビットコインが同時に急落 どこまで下がる?

リップル
 仮想通貨ビットコイン(BTC)、S&P500、金(ゴールド)が同時に急落した。伝統的な金融市場と仮想通貨市場双方のマーケット参加者の心理は冷え込んでいる。ビットコイン価格は24時間で8%超の急落。マイナーが異常な量のビットコインを短期間で売却したことや、米ドル指数が複数年来のサポートから反発したことが背景にあるとみられる。(出典:TradingView.com「ビットコイン/米ドル(1週間)」)金価格も米ドルの上昇によって下がったと見られる・欧州中央銀行(ECB)のユーロ高に警戒する発言も投資家にユーロ買いを思い止まらせる結果になり、ドル高につながった可能性がある。S&P500は、アップルやテスラなどハイテク株の売りが目立った。ダウ工業株30種平均の下げ幅は、一時1000ドルを超えた。ビットコイン価格はどうなる?今後の焦点の一つは、1万500ドル付近のサポートが機能するかだろう。上値に関しては、中期的な天井をつけた可能性を指摘する声も出ている。1万2000ドルから1万2500ドルがレジスタンスとなるという見方も根強い。コインテレグラフジャパンYouTubeレギュラー出

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました