仮想通貨イーサリアムクラシック、チャールズ・ホスキンソン氏が分散型基金提案 | コミュニティでは反発も

リップル
 チャールズ・ホスキンソン氏が率いるIOHKが最近、2つのイーサリアムクラシック改善案(ECIP)を公表した。最近多発した51%攻撃に苦しむ同チェーンの回復を助けることを意図した提案である。1つ目は、そのような攻撃の可能性を防ぐためチェックポイントシステムを導入する案。2つ目は分散型基金の提案で、これがETCコミュニティ内に意見の対立を生じさせているようだ。最近の攻撃を受け、プロジェクトの将来に関して白熱した議論が起こった。イーサリアムの共同創設者の1人でETCフォークの支持者でもあるホスキンソン氏は、前進のための方法は分散型基金の設立を中心に展開すると信じている。この提案は、現在の資金調達手法は破綻しており、変革の時期にあることを示唆するものだ。「ボランティア主義とサポーターに頼ってETCエコシステムを支える現在のやり方はすでに破綻している」ホスキンソン氏が手掛けるカルダノ(ADA)やその他いくつかの主な仮想通貨(暗号資産)プロジェクトは、すでに分散型基金の実施に成功し、研究開発のための資金を独力で賄うことができている。問題は、大部分のプロジェクトが最初からこの種の仕組みを導入してい

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました