ビットコイン派で、トランプ政権の元大統領首席補佐官代行がヘッジファンドを開設

リップル
 ドナルド・トランプ政権で行政管理予算局長や大統領首席補佐官代行を務めた、ミック・マルバニー氏がヘッジファンドの運営を始めた。マルバニー氏は2014年から仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)支持者として知られており、仮想通貨の実用的な規制を奨励している人物だ。同氏のヘッジファンドはエクセジス・キャピタル(Exegis Capital)と命名。S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスとのポッドキャストで発表された。マルバニー氏は、元スターリング・キャピタル・マネジメントのポートフォリオマネージャーであるアンドリュー・ウェッセル氏と協力する。マルバニー氏の親ビットコイン姿勢の影響は?2014年の「ビットコイン・デモデー」会議の中で、マルバニー氏は政府がじっくりと考えて、ビットコインを規制するための時間が必要だとの見解を示している。マルバニー氏はビットコインは取引の媒介物や支払い手段となるポテンシャルがあると考えており、当時、以下のように述べていた。「私の関心は、政府がビットコインの可能性を抑制するような方法で、あまりにも早く行動しないことを確認することだ。ビットコインは

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました