暗号資産市場の暴落は以上では無い!ビットコインの購入機会となるか | 投資家心理を示す指数は「恐怖」に

リップル
 ビットコイン(BTC)は10,000ドルを試す展開となるかもしれないが、投資会社幹部は過去24時間の下落は異常なことではないと主張している。グローバルマクロインベスターの創設者兼CEOでエコノミストのラウル・パル氏は、9月4日のツイートで、過去24時間のBTC価格の下落は異常なことではないと指摘している。ビットコインの購入機会になるか「半減期後の強気サイクルでは、ビットコインは多くの場合、25%(2017年には40%超)の調整があり、ショートタームのトレーダーを振り払った(もしくはスイングトレーダーにショートの機会を与えた)」と、パル氏は書いている。さらにパル氏は、一定の間隔で一定量のビットコインを購入してポートフォリオを構築していく、ドルコスト平均法に言及し、「それらの調整は購入の機会だった。DCA(ドルコスト平均法)の機会があるだろうか?」とも書いている。ドルコスト平均法は、ビットコイン投資においてポピュラーな投資方法だ。米国の決済アプリ大手のスクエアでも、ビットコインを自動的に購入する機能を導入している。今回のビットコイン急落は、最近の高値からのドローダウンと比較すると、それほ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました