技術面から見た、仮想通貨リップル(XRP)の将来性と課題点

リップル
リップルの技術本記事では、リップルの技術的な特徴と課題、またリップルについての様々な風説まで踏み込んで解説します。リップルは時価総額で上位を維持している仮想通貨(暗号資産)ですが、リップル社によるXRPの大量保有など分散化の点で課題を抱えていることも大きな特徴となっています。リップルに関連する言葉の整理仮想通貨のリップルは一般的に「XRP(ティッカーもXRP)」と表記され、「Ripple」と表記された場合は、会社を表します。XRPをネイティブトークンとするDLT(分散型台帳技術)を「XRP Ledger(XRPL)」と言います。Ripple(会社)はXRP Ledgerを利用した決済ネットワークサービスである「Ripple Net」を提供しています。また、「Xpring」はRippleの子会社で、XRPやXRP Ledgerをを活用したプロジェクトへの投資、買収を通じたXRPの利用拡大・認知度向上を目的としています。XRP Ledgerの使用言語と開発環境XRP LedgerはC++を使って開発されているプロジェクトです。C++は処理が速く、Adobe Systems、Amazon、P

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました