ウォーレン・バフェットの日本商社株取得は、仮想通貨ビットコインの最高値更新につながる

リップル
 「投資の神様」であるウォーレン・バフェット氏すら米ドルから撤退するほど弱体化していることから、まもなく仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)は史上最高値を更新することになると、マックス・カイザー氏は指摘している。ビットコイン強気派として知られるカイザー氏は、マクロ経済の予測で、ビットコインを含む金や銀などの安全資産が法定通貨を上回ることになるだろうと話した。バフェットは「米ドルを手放す」カイザー氏は8月31日にツイッターで「バフェットの日本株取得の動きは、金への投資とともに、彼が米ドルから『大きく』撤退していることを意味するものだ」とツイートした。「米ドルは今日、下降トレンドにあり、重要なサポートを破ろうとしている。ビットコイン、金、銀の全てが、まもなく過去最高値を更新するだろう」カイザー氏はバフェット氏の日本商社株取得の動きに言及。バフェット氏は日本の5大商社の株式をそれぞれ5%超取得したと発表しており、合計で60億ドル規模の投資をしたと報じられている。「5大商社は世界各国に多くの合弁会社を保有しており、今後もさらに増えるだろう。将来的に相互利益の機会があることを期待している」

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました