ベネズエラのビットコイン使用がハイパーインフレの中で急上昇:グローバル暗号採用指数で3位

リップル
 ベネズエラ人は深刻な経済危機とハイパーインフレに直面しているため、暗号通貨への関心が高まっています。これは、ブロックチェーンデータ分析会社のChainalysisが行った新しい調査で示されています。同社のGlobal Crypto Adoption Indexは、ベネズエラを「国が世界で最も高い暗号通貨使用率の1つに達した」として3位にランク付けしました。ベネズエラで暗号通貨の採用が急増Chainalysisは木曜日にベネズエラのビットコインの使用に関する研究を発表しました。これは次の2020 Geography of Cryptocurrency Reportの一部です。「ベネズエラは、国の通貨であるボリバルが実質的に価値のないものとなり、現代史上最悪の経済危機の一つに苦しんでいる」と同社は記している。「これらの状況下で、暗号通貨はベネズエラの経済において重要な役割を果たしてきました...ベネズエラボリバルがハイパーインフレの最中に価値を失ったため、ベネズエラは地球上で最も活発な暗号通貨取引国の1つになりました。」会社は詳しく述べました:多くのベネズエラ人が海外からの送金を受け取り

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました