2019年に5兆円余りの仮想通貨が中国本土から海外に逃避

リップル
ブロックチェーン・インテリジェンス・プラットフォームのチェイナリシス(Chainalysis)の最新のリポートによると、2019年中に少なくとも500億ドル(約5兆3,000億円)もの暗号資産(仮想通貨)が、中国政府の金融・経済政策などを嫌って海外に逃避したことが分かりました。中国国民は年間、金融機関から5万ドルまでの外貨を購入できるだけです。多額の資本流出はどうして起きたのでしょうか?テザー(USDT)などステーブルコインの形で金融資産を外国に移転中国の富裕層はこれまで、外国の不動産やその他資産に投資する形で制限を受けることを回避してきました。中国政府は今や、それすら取り締まっています。チェイナリシスのリポートのよると、中国経済は米国との貿易戦争や人民元の切り下げなどから痛手を受け、500憶ドルもの仮想通貨が中国国内のアドレスから海外に移されていることが分かりました。金融資産の移動には、米ドルと1対1交換できるステーブルコインのテザー(Tether/ USDT)が良く利用されます。ステーブルコインは、ボラティリティを抑え、安定した価値を維持するため、ほかの資産にペグして価値を支えられ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました