IEOの投資パフォーマンスは低い?海外データから考える国内IEO市場の今後|

リップル
先日コインチェックがIEO事業への参入を発表しました。IEO(Initial Exchange Offering)とは、仮想通貨取引所をプラットフォームとしたICOに替わる資金調達モデルです。本記事では、IEOが盛り上がった2019年上半期の海外市場のデータを振り返ることで、投資的観点から見たIEOや、国内市場におけるIEOのポテンシャルについて考えます。1- 2019年、Binace上でのBittorrentに始まったIEO初めてIEOを実施したプロジェクトはP2Pファイルシェアサービスを提供するBittorrentです。同プロジェクトは2019年、Binance LaunchPad上でIEOを実施し、BTTトークンを販売しました。その後Bittorrentに引き続き、多くのプロジェクトがIEOを通して資金調達を行います。下図は2019年上半期のIEO市場概況です。6ヶ月の間に72のプロジェクトが、合計280億円以上の資金を調達しました。2- 多くの海外取引所がIEO事業に参入市場の加熱は、度重なる仮想通貨取引所のIEO事業参入によりさらに加熱します。HoubiやOKEx、Gateな

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました