仮想通貨市場、ビットコイン続落 アルト銘柄も利確売り優勢に

リップル
ビットコイン急落で、仮想通貨市場全面安4日の仮想通貨市場で、ビットコインの下落幅が-5%を超え、1ヶ月ぶりに米ドル建11,000ドルラインを下回った。個別に騰勢を強めたアルトコイン銘柄も、BTCのダウントレンドによる連れ安を警戒して売りが先行、全面安相場の様相にある。経済の不透明性を背景に、ドルの代替投資先として注目されてきたビットコインや金市場も、ドルの買い戻しや、コロナショック前水準まで戻した日米の株式市場の堅調な推移が相場の重しとなった。米国時間3日には、米株式市場でダウ工業株30種平均の下げ幅が一時1000ドルを超え、投機性の強さが見られたハイテク株を中心に、利益確定売りも見られている。金融緩和に伴う“金余り”で、異様な上昇となった株式市場も将来的な大きな調整を警戒するなど、相場は先行きに不安定感を示す見方も出てきている。出典:TradingView仮想通貨市場との関係性については、TradeBlockのリサーチ責任者John Todaroも投資家の傾向に類似性を指摘した。株式を売る投資家はおそらく仮想通貨も売っている。本日最も下落していたのは、FAANG(Facebook、A

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました