ウォール街の歴史からDeFiの未来が見える──40年間の4つのバブル

リップル
DeFi(分散型金融)の未来を予想するには、過去を振り変える必要がある。具体的には、世界の金融の中心地、ウォール街の過去だ。見方によっては、DeFiは新しいものではない。ジャンクボンド(ジャンク債)による資金調達から、債務担保証券(CDO)、アルゴリズム・トレーディングまで、きわめて洗練された金融エンジニアリングの40年の取り組みを拡張するものだ。DeFi(分散型金融):ブロックチェーン上に構築された金融サービス。暗号資産を預け入れて金利を稼いだり、複数のトークンの価格差から利ザヤを稼ぐことができる。これらの技術的進化の波は、一部の人には素晴らしい利益を、その他の人には莫大な損失を、ウォール街には絶え間なき変化をもたらした。一方で、巨大金融機関が経済に与える影響力を強化した。DeFiも同じパターンに直面するだろう。エンジニアリング、大きな注目、投機、破綻と統合だ(そう、「イールドファーミング」や暗号資産投資コミュニティが愛するトークンブームは悲しい結末を迎えるだろう)。だがまた、今はわからないような方法で、影響力を持ち続けるだろう。仲介の必要性を排除する点において、DeFiイノベーショ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました