ビットコイン下落から1週間──DeFi銘柄などのアルト買い優勢に

リップル
ビットコイン下落から1週間先週末のビットコイン急落から1週間、10日の仮想通貨市場は全面高に。DeFi銘柄を中心に高い買い戻し意欲が確認され、関連銘柄のイーサリアム(ETH)も前日比10%高の3万9千円まで市場価格が回復した。DeFi関連の銘柄では、5位Chainlink(LINK)が10%高、24位Aave(LEND)が30%高、25位UMA(UMA)が7%高、26位yearn.finance(YFI)が29%高、34位Synthetix Network Token(SNX)が23%高と軒並み買いが優勢となった。(騰落率は前日比較、11時時点)時価総額規模別マーケット推移(FTXインデックスを引用)でもDeFi関連銘柄と小規模キャップに属する銘柄が大幅反発。投機的な取引も再び活況な状況が見て取れる。米国株式市場でもハイテク株が切り返し、主要指数が4日ぶりに急反発した。新型コロナの先行きに不透明性が残るなかで、(コロナの影響に)大きく左右されないハイテク株や仮想通貨は根強い値動きを続けている。SushiSwapマイグレーション成功DeFiセクターへの積極的な買い戻しは、先週末の市場急落

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました