「仮想通貨建ての商取引盛んに」南米と東アジアの貿易で=Chainalysis報告書

リップル
東アジアとの貿易で仮想通貨を利用ブロックチェーン分析会社Chainalysisの新たなレポートによると、ラテンアメリカと東アジアの商業取引において、仮想通貨が多く使われていることが判明した。Chainalysisは、トラフィック分析や地元の取引所運営者へのインタビュー、オンチェーンデータ分析など複数の手法を組み合わせて、各地域における仮想通貨の使用状況を探ることに取り組んでおり、その一環として今回、ラテンアメリカに焦点を当てたレポートを発表した。この記事ではこのレポートから幾つかの調査結果を紹介する。銀行代わりの仮想通貨送金レポートによると、過去1年間にラテンアメリカは250億ドル相当(約2.7兆円)の仮想通貨を送金し、反対に240億ドル相当(約2.5兆円)を受けとったという。出典:Chainalysis上図のように、2019年から2020年にかけて東アジアもラテンアメリカからの仮想通貨送金の受信者として存在感を示している。こうした支払いの多くは、アジアを拠点とする輸出業者と、そこから商品を購入して自国で小売販売するラテンアメリカの企業との間の商業取引だったという。Chainalysi

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました