イーサリアムクラシックに対するIOHKの新提案、51%攻撃阻止にカルダノまたはビットコインを使用する可能性

リップル
 IOHKが、イーサリアムクラシック(ETC)に対しチェックポイント設置の提案を発表した。これは、今後の51%攻撃を阻止するための短期的な解決策を意図したものだ。この数週間、ETCのネットワークは51%攻撃に何度も苦しめられており、ETCの将来に疑念が持たれる事態となった。大手中華系仮想通貨取引所OKExは、一度の攻撃で560万ドルを失った。この問題を受けて、複数の取引所はETCの取引における検証回数を増やすことになった。 出典: IOHK presentation.チェックポイント・コンセンサス名前が示しているように、この解決策ではネットワークを検証する複数のチェックポイントの導入が提案されている。そうすることで、(以前の攻撃の主たちがOKEx上で資産の二重支払いに成功した際に行ったように)敵が「影の」ネットワークをマイニングしたとすると、この影のネットワークには、そのようなチェックポイントがないことになる。したがって、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)はメインのネットワークよりも多いかもしれないが、承認はされない。チェックポイントの設置は、合意形成アルゴリズムであ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました