仮想通貨取引所バイナンスがファーミング可能な新プラットフォームを発表

リップル
 世界最大の仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは6日、新プラットフォーム「ラウンチプール(Launchpool)」を発表した。バイナンスによると、このプラットフォームではユーザーがBNBやBUSDと行ったトークンをステークし、報酬として別の新しいトークンを報酬として得ることが可能になる。まずは9月9日から30日間に渡り、ユーザーはBNB、BUSD、ARPAトークンをステークすることでベラプロトコル(BEL)を報酬として得ることができる。ステーキング条件として上限はなく、KYC(本人確認)も不要。BNBのプールに全体の90%、BUSDに9%、ARPAに1%のBELが報酬として割り当てられる。バイナンスはUTC時間の9月16日午前6時にBELを上場させ、BEL/BTC、BEL/BNB、BEL/BUSD、BEL/USDTの取引を開始する。BELトークンベラプロトコルは、2020年8月に実施されたプライベートトークンセールで450万ドル(約4億8000万円)を調達したプロジェクト。アーリントンXRPキャピタルやアルファベット、ギャラクシーデジタルの共同創業者であるデビット・ナムダル氏などが株

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました