仮想通貨下落時、イーサリアムの大口投資家が増加=Santimentデータ分析

リップル
Santimentデータから見るETHクジラの動き仮想通貨イーサリアム(ETH)が3日〜6日に続落する際、一部のクジラ(大口保有者)が買い増ししていたことを、仮想通貨データ企業Santimentが報告した。出典:Tradingviewイーサリアム価格は9月2日に年初来最高値の490ドルを記録するも、DeFi分野の過熱感への警戒から、売りが優勢になると、一時300ドル目前まで市場価格が続落した。オンチェーンデータを分析するAli MartinezはSantimentのデータを引用し、「1,000〜10,000ETHを所有するクジラ投資家で8月31日から約68のクジラが増えてきたと説明。ETH価格の下落に伴い、一部の大口投資家は安値で買い増ししてETHクジラの群れに加わったと喩えた。一方、Santimentは相場の下落時にも大口の売却が一因にあったとして、ETH関連の100の取引所ユーザーアドレスから、約103万(約3.6億ドル)のETHが売却されたことをデータを用いて指摘した。クジラ買い増しの理由なお、イーサリアムの買い意欲が高まっていた背景には、下落時の押し目買いのほかに、DeFi(分

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました