2030年までに法定通貨をCBDCに完全に置き換えるのは3〜5カ国=レポート

リップル
 フィンテックに特化したオランダのシンクタンクであるdGenは9日、2030年までに世界で3〜5カ国が法定通貨を中央銀行デジタル通貨(CBDC)に置き換えると予測したレポートを発表した。「CBDCsの地政学的な影響に関する報告書」と題された30ページの報告書では、米ドルやユーロ、人民元といった世界の主要な法定通貨の現状について掘り下げている。欧州中央銀行(ECB)、スタンダードチャータード銀行、フランクフルト・スクールなどの支援を受けて作成されたこのレポートでは、CBDCが世界の金融システムに与える影響について大きな予測が書かれている。この中でdGenは10年後には世界の3〜5カ国が自国通貨を完全にCBDCに置き換えると予測。具体的に国名などは明らかにしていないものの、レポートではバハマやスウェーデンといったCBDCの取り組みが先進的な地域を紹介しているため、こうした国々を想定しているのかもしれない。特にスウェーデンのeクローナの開発は、2025年までにキャッシュレス化を目指す同国の計画と一致していると指摘している。そのほかの予測として、欧州が2025年までに独自のCBDCを開発しなけ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました