グレイスケール親会社のDCG、英国の大手仮想通貨取引所Lunoを買収

リップル
 ブロックチェーン企業に投資する最大手企業の一つであるデジタルカレンシー・グループ(DCG)は9日、英国拠点の仮想通貨取引所Luno(ルノ)を買収したと発表した。DCGは2014年にルノのシードラウンドに投資しており、株式を保有していた。現在、ルノは40カ国で展開され、500万人以上のユーザーを抱えている。DCGは公式発表の中で、ルノがすでに事業を展開している国や地域の拡大を支援するとしている。買収額は非公表。今回の買収について、ルノの共同創業者兼CEOのマーカス・スワンプール氏は、業界が「重要な時期」を迎える中で、DCGの全面的な支援を得る絶好のタイミングであると強調。さらに今回の買収は、2030年までに10億人の人々をより良い金融システムにアクセスするというDCGの目標達成に向けて大きな貢献を果たすという。DCGも9日のツイートで、今回の買収によって、両社は「より良い、よりアクセスしやすい金融システムの創造と適用」を加速させるとしている。DCGは、ルノがスワンプールCEOのリーダーシップの下で独立した組織として運営を継続する一方で、取引所の事業拡大を支援するためのリーダーシップ、パ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました