「Flare Networks」XRP保有者へのSparkトークン付与、取引所ごとの対応方針一覧

Sparkトークンの付与方針XRP(リップル)保有者への「Sparkトークン」付与について、暗号資産(仮想通貨)取引所が対応を検討する旨をアナウンスしている。Flare Networksは、リップル社の投資部門Xpringが出資を行なっているプロジェクトで、XRPの保有者に対し、1:1の割合でSparkトークンを付与するエアドロップを8月10日に発表した。国内では8月26日、XRP取引高の多いbitbankがいち早く対応を検討する方針を発表している。Flare NetworksとはFlare Networksは米リップル社の投資部門Xpringが出資を行い、XRPの分散型台帳「XRPL(XRPレジャー)」上で、スマートコントラクト機能を導入するプロジェクト。XRP保有者に対して、1:1の割合でSparkトークンを付与するエアドロップを発表しており、Sparkトークンはネットワークのガバナンスなどに利用される。スマートコントラクト作動には、Sparkトークンを担保にして発行されるFXRP(XRPと同価値)の発行が必要になるという。Sparkトークンは、XRPのマーケット流通量にあたる45

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました