不動産のトークン化マーケットプレイスがローンチ、2億3700万ドル相当の不動産が対象に

リップル
 ブロックチェーンのキラーアプリとされた不動産のトークン化は現在までのところ、うまく機能していないことが指摘されている。しかし、フィンテックスタートアップのReinnoはこうしたセキュリティトークンの状況を変えることができるかもしれない。同社はトークン化された米国の商業不動産の投資プラットフォームを立ち上げた。2億3700万ドル相当の不動産をカバーするという。これによって、世界中の適格投資家が個人資産と分散型の不動産ポートフォリオの両方を含むいくつかの異なるオファリングに参加できるようになった。対象不動産には医療施設や住宅団地、工業用ビルなど収益を生むものが含まれる。この新たなプラットフォームでは投資家は最低5000ドルの投資額で不動産市場に参入ができる。アカウントの作成や保持、トークンの購入における手数料は無料だ。ただ、現時点では米国証券取引委員会(SEC)の規制に準拠した資格を持つものでなければ参加できない。しかし、将来的にはこうした資格は変更される可能性があるかもしれない。SECの規制の他のカテゴリーでは資格を持たない投資家による投資が認められている分野もあるためだ。Reinno

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました