仮想通貨関連企業Crypto.com、「Defi Swap」を発表

リップル
Defi Swap暗号通貨(仮想通貨)決済サービスを提供するCrypto.comがサービスを予定するDefi(分散型金融)プラットフォーム「Defi Swap」のホワイトペーパーを発表した。DeFiトークンの交換及びイールド・ファーミングを行う最適な場を提供することがその目的としているという。金曜日に公表したホワイトペーパーによれば、Defi Swapは分散型取引所Uniswapのフォーク版とし、イールドファーミングと同様な機能を提供する集権型取引所となっている。イールドファーミングとは、需給バランスによって常に変化する利率に応じて流動性の提供先を変え、最も大きなリターンを得る取り組みのこと。流動性マイニングはイールドファーミングを行う人達を惹き付けるために、流動性提供の対価として利息の他にガバナンストークン(ガバナンスへの参加権を表現するトークン)が付与されることを指す。Defi SwapがUniswapと異なる点は、トークンの選択肢や地理的制限やCrypto.comのネイティブトークンであるCRO(Crypto.com Coin)を利用したインセンティブ設計にあるという。例えば、C

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました