DeFi(分散型金融)とは? 特徴と仕組みを初心者にもわかりやすく解説

リップル
成長を続けるDeFi市場DeFi(分散型金融)は、ブロックチェーン業界で盛り上がりを見せている最新のトレンドだ。DeFi領域には次々と新たなプロジェクトが誕生し、その勢いを増している。DeFiプロトコルにロックされている資産の総額を表し、DeFi市場の規模を表す指標のひとつと考えられているTVL(Total Value Locked)は、記事執筆時では約78億ドル(約8200億円)を超え、右肩上がりに増加している。DeFiとはDeFiとは、パブリックブロックチェーン上に構築された分散型の金融エコシステムのことを指す。一般的にはイーサリアム上に構築されたプロトコルやアプリ群を意味し、これらは全てスマートコントラクトによって稼働している。DeFiエコシステムでは中央集権的な管理主体の影響が非常に小さく、居住地や経済状況にかかわらず誰でもアクセスが可能。この点は自国内でしか口座を作成できない既存の金融サービスと一線を画すため、金融のあり方を一変させる可能性があるのでは、という見方もある。既存金融サービスとの比較から見るDeFi中央集権組織による管理や監視の不在既存の金融サービスには、そのサー

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました