抑えておきたいテクニカル分析「ダウ理論・6原則」を初心者向けに解説

リップル
ダウ理論の6原則ダウ理論とは、19世紀の終わりにチャールズ・ダウが提唱した相場理論のことです。このダウ理論はすべてのテクニカル分析の基礎として現在も多くの投資家に支持されています。株式や仮想通貨、FXなどのあらゆる相場を分析する上で、ダウ理論を理解することは非常に大切です。今回は、そんなダウ理論がどのようなものであるのかをご紹介していきたいと思います。ダウ理論は6つの原則をもとに構成されています。それぞれの原則は以下の通りです。原則1:平均株価はすべての事象を織り込む1つ目の原則である、「平均株価はすべての事象を織り込んでいる」ですが、これは「チャート分析が投資において重要である」というテクニカル分析の根拠となる原則です。例えば株価は投資家の売買や、企業の業績などに影響を受けます。これらの情報が値動きに影響を与えることで、株価が変動します。 これはつまり、全ての情報が値動きに反映することを表しています。原則2:トレンドは、短期・中期・長期の3種類に分類される次の図をご覧ください。BTC/USDこのように、トレンドは時間軸ごとに三つのトレンドに分けられます。それぞれ、短期トレンド、中期ト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました