ウクライナが暗号資産の普及でNo.1の理由

リップル
ウクライナ、ロシア、ベネズエラの3国は、暗号資産(仮想通貨)の普及度合いで上位に位置している。米暗号資産調査会社のチェイナリシス(Chainalysis)が8日に発表した「Global Cryptocurrency Adoption Index」(世界の暗号資産普及指数)で明らかになった。アメリカと中国は依然として最大規模の取引高を誇るが、「くじら」(大口の暗号資産保有者)を除くと、同3国がデジタル通貨のアクティブユーザーが最も多い国となっている。中国、ケニア、アメリカがこれに続く。意外なランキング上位出典 : Chainalysisチェイナリシスは、受け取った暗号資産の価値、送金額、預け入れ額、ピア・ツー・ピアの取引高などを使って暗号資産の普及度合いを測定した。データは各国の一人当たりの購買力平価とインターネットユーザー数で重み付けされている。一見しただけでは、ランキングの上位は意外に思えるかもしれないと同社リサーチ責任者のキム・グラウアー(Kim Grauer)氏は述べる。同氏によると、ロシアには電子決済サービスを利用してきた歴史があるという。デジタル決済に慣れており、暗

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました