パンデミックが加速させたビットコイン:シンガポールDBS銀行

「パンデミック(世界的感染拡大)がデジタル資産の普及を加速する」シンガポールのDBS銀行は、8月に発表した暗号資産(仮想通貨)に関する四半期レポートの中で、デジタル資産の現状をこう表現した。「世界一のデジタル銀行」と称されるDBS銀行と、そのチーフエコノミストであるタイムール・バイグ(Taimur Baig)氏からこうした見解を聞くことは興味深い。しかし最近、特にシンガポール、スイス、ドイツのような場所にある特定の大手金融機関についての噂が聞こえてきている。より小規模なプライベートバンクや富裕層顧客からの暗号資産に対する新たな需要に対処しているというのだ。パンデミック前、パンデミック後ビットコイン(BTC)のような暗号資産についてバイグ氏は、需要に2つの明確に異なる段階があると考えている。パンデミック前とパンデミック後だ。「パンデミック前の需要はおおむね投機的だった。人々はビットコインの目を見張るような値動きを見て、自分も投資したいと考えた。運用資産の1%をビットコインに入れることは悪くない考えだった」とバイグ氏はインタビューで述べた。「しかしパンデミック後の需要は、投機を超えたものに

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました