市場は一転弱気に 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ・ライトコイン

リップル
 BTC/USD仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)は9月19日に11,225ドルの50日単純移動平均線を下回り、20日指数移動平均線(10,781ドル)と22日のサポート(10,625ドル)を割り込んだ。この下落は、弱気派が最近の11,000ドルまでの上昇を利用してショートポジションを開始したことを示している。 (出典:トレーディングビュー)弱気派は、価格を9,835ドルのサポートの下に沈めようとしており、もし成功すれば、パニック売りが発生するかもしれない。価格は9,000ドル、あるいはさらに下がる可能性がある。この急落の後に強い反発があった場合は、強気派が低いレベルに蓄積していることを示しており、こうした動きは再び買い手を引き付けるだろう。しかし、もしBTC/USDペアがすぐに反発できなかった場合、強気派が買いを入れる前に底値形成が完了するのを待つことになるため、回復には長い時間がかかるかもしれない。一方でこの仮説に反して、10,000〜9,835ドルのサポートから反発した場合、強気派は再び下降トレンドラインの上に価格を押し上げようとする。もし成功すれば、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました