仮想通貨ビットコイン堅調 FRB発表が追い風か|バックト先物で過去最高

リップル
 仮想通貨ビットコイン(BTC)は1万1000ドルを一時回復するなど堅調な展開をみせている。FRB(米連邦準備理事会)がゼロ金利政策をしばらく続ける方針を発表したことはビットコインにとって追い風となった可能性がある。またビットコイン先物を手掛ける米バックトの1日の取引高が過去最高を更新した。(出典:Coin360 日本時間9月17日午前8時45分時点)FRBは9月16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、少なくとも2023年末までゼロ金利政策を維持する方針を表明した。インフレ圧力がかかり続けることになるため、インフレ耐性のある資産として期待されるビットコインにとっては追い風とみてよいだろう。ビットコインの発行枚数の上限は2100万枚。金(ゴールド)と同じように発行枚数が制限されており、政府や中央銀行などによって恣意的に価値を決められないことに特徴がある。こうしたビットコインの特徴を評価して最近ではポール・チューダー・ジョーンズ氏やマイクロストラテジーズ、CNBCのジム・クレイマー氏など、米国の著名投資家や企業がビットコイン投資に乗り出している。クレイマー氏は、金とビットコインを比較し

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました