ブロックチェーンプロジェクトVeChain、食品安全連盟の参加企業として中国企業130社にサービスを提供

リップル
 VeChain財団が中国の国家動物健康・食品安全創新連盟に審議委員として参加した。 9月17日の発表によると、VeChainは「連盟内で唯一となるパブリックブロックチェーン技術の提供事業者」として、技術面およびインフラ面での支援を行う予定だ。連盟には130社を超える企業が参加、その中にはスターバックス、マクドナルド、ウォルマートの中国子会社も含まれる。サプライチェーン追跡のプロジェクトのVeChainは、連盟の初期加盟企業を同社製品「VeChain ToolChain」のユーザーとして獲得したと報じられている。また、さらなる企業の参加が見込まれると語ったことも伝えられている。しかし、発表においてはその加盟企業の具体名やパートナーシップの規模に関する詳細は一切明かされなかった。国家動物健康・食品安全創新連盟(CAFA)は現在、Food Trust トレーサビリティプログラムを利用している。米国の養鶏業者・カーギルは6月、QRコードを利用するCAFAプラットフォーム上で中国国内の「鶏肉2.0」をトラッキングすると公表した。その目的は「孵化場、飼育場、製造および環境データ、認証、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました