バイナンス、コインベース、フォビ…取引所はなぜ「分散型」サービスの開発を急ぐのか

リップル
「DeFi(分散型金融)」と呼ばれるブロックチェーンベースの貸付・取引システムが今年、暗号資産(仮想通貨)業界のニュースを独占している。DeFiプラットフォームに担保としてロック(預け入れ)された資産は2020年、10倍以上に増え、90億ドル(約9500億円)を超えた。ユニスワップ(Uniswap)、カーブ(Curve)、バランサー(Balancer)などのDeFiプラットフォームは、低コストと使いやすさで暗号資産トレーダーを惹きつけてきた。そして今、バイナンス(Binance)、コインベース(Coinbase)、フォビ(Huobi)、オーケーエックス(OKEx)などの大手取引所から多くの取引高を奪い始めている。これらの「中央集権型」と呼ばれる取引所は、自ら「分散型」と呼ぶ新たなビジネスを始めている。人気トレンドから利益をあげ、顧客のこれ以上の流出を食い止めることが目的だ。DeFiに進出する大手取引所フォビは9月15日、同社のDeFi構想に新たに10人のメンバーを追加したと発表。その構想を「中央集権型と分散型の金融サービスプロバイダーのコンソーシアム」と形容した。前日にはフォビの最大の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました