アメリカで議論されている暗号資産関連の規制の方向性

リップル
米国の暗号資産関連の規制についてどのような事項が新しいトピックとして議論されているのでしょうか?本コラムでは、議論されている将来の規制の方向性や関連の動きについて概観します。その他多くの業界の同じように、企業活動と規制の流れの両面において米国の動きは、他国に伝搬する可能性が高いと言え、同国の状況を俯瞰することは重要性が高いと言えます。もちろん、それは日本にとっても例外ではありません。本レポートが、国内の業界関係者や投資家・ユーザーに役に立てば幸いです。ニューヨーク暗号資産の新規上場プロセスを大幅変更ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)は、仮想通貨事業許認可であるビットライセンス(Bit License)の規定内容を大幅に変更する予定であることを示しました。トークンの上場基準を明確化することが盛り込まれています。すでにNYDFSのウェブページに掲載されているBTC、BCH、ETH、ETC、LTC、XRP、PAX、GUSDに関して、各ライセンス事業者は事前にNYDFSの承認を必要とせずに上場させることができる。(ホワイトリスト制度)各ライセンス事業者はそれぞれの運営モデル・リスクに沿

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました