「宇宙とビットコイン情報交信」BitMEX、Blockstreamの人工衛星システムをテスト

リップル
人工衛星とビットコイン情報を交信仮想通貨デリバティブ取引所大手BitMEXの研究部門が、ブログを更新し、Blockstream社の人工衛星ビットコインシステムの試用を行ったと報告した。Blockstream社の人工衛星ビットコインシステムは、インターネットを経由することなく、衛星経由でビットコインのデータを入手し、ノードとなることができる。公式サイトによれば、Blockstream Satelliteの地上基地である「teleports」は、ビットコイン・ネットワークに参加し、指定された衛星にブロック情報を送信する。衛星は高度「35,786km」で周回し、teleportからのシグナルを受信。地球上の世界各地に向けて配信する仕組みだ。いわゆる静止衛星(せいしえいせい)は、赤道上空の高度約35,786kmの円軌道を、地球の自転周期と同じ周期で公転している。BitMEXによれば、人工衛星と接続するためのアンテナなどのデバイスは計1200ドル(約12万5千円)のコストが掛かり、システムセットアップは数時間で済んだという。引用:BitMEX Researchインターネット接続する「通常のノード

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました