Zebpayがディズニー・プラスで仮想通貨ビットコインの広告を掲載|3億人を超える巨大プラットフォーム

リップル
 シンガポールに拠点を置く大手仮想通貨(暗号資産)取引所Zebpayはクリケットのインドプレミアリーグの試合中にビットコイン(BTC)に関する広告を掲載した。ツイッターユーザーのMohit Rai Sharma氏が報告したように、Zebpayの広告は9月19日から開催されたクリケットの試合中にインドのストリーミングプラットフォームであるDisney+ Hotstarで掲載された。Disney+ Hotstarはウォルトディズニー・インディア子会社が運営するサブスクリプション型のストリーミングサービスを提供している。広告には「シンプルで安全なビットコインについて学ぼう」と書かれており、仮想通貨取引所の使用を開始するには、わずか1ドルしか必要がないことをアピールした。Sharma氏はこの広告は「インドの仮想通貨にとって歴史的な瞬間だ」と述べた。ディズニーがインドのストリーミングサービスを提供するHotstarと提携したのは2020年4月。Hotstarの月間アクティブユーザーは約3億人を超えるとされている巨大プラットフォームだ。Zebpayは、2020年3月に一時閉鎖していたインド市場へ復

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました