中国JDドットコム子会社、デジタル人民元開発で人民銀行と提携

リップル
 中国のeコマース大手の京東集団(JDドットコム)子会社が中国人民銀行のデジタル通貨研究所と提携した。現地メディアの報道によると、JDドットコム子会社で決済技術を開発するJDデジタルテクノロジーとデジタル通貨研究所は、デジタル人民元のためのモバイルアプリやブロックチェーンプラットフォームの開発を推進していくという。両者はデジタル通貨をサポートするウォレットも開発する。モバイルアプリはデジタル人民元をサポートし、JDグループの既存のプラットフォームやサービスとも統合されると報じられている。中国は、世界の中央銀行デジタル通貨(CBDC)開発でトップを走っている。6月には中国人民銀行の社会保障基金評議会の前副会長を務めた王忠民氏が、デジタル人民元のバックエンドアーキテクチャの開発を完了したと発表した。またウォレット開発については8月、中国の国営商業銀行がデジタル人民元用に設計されたデジタルウォレットのテストを開始したとの報道も出ている。続々と提携するリテール企業中央銀行デジタル通貨は銀行間取引に使う「ホールセールCBDC」と、個人や一般企業が使う「リテールCBDC」の取り組みが進められている

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました