DeFiの夏は終わったのか?仮想通貨ビットコインとイーサに明暗

リップル
 DeFi(分散型金融)の夏は終わったのだろうか。2020年の第3四半期(7-9月期)の仮想通貨マーケットを牽引したのは間違いなくDeFi銘柄だった。COMPの流動性マイニングを皮切りに次々とDeFiプロジェクトが誕生。バイナンスなど世界の大手取引所が競って上場させた。メサーリによると、過去30日でDeFi銘柄の下落率の中央値は40%を超えた。過去90日でみると下落率の中央値は3%ほどにとどまっているが、それでもビットコイン(BTC)のパフォーマンスを下回っている。今年注目されたDeFi第2世代であるヤーン・ファイナンス(YFI)などは堅調な伸び率を維持しているものの、第1世代のメーカー(MKR)やオーガー(REP)は苦戦。ミーム系のDeFiとして注目されたSUSHIなどは大打撃を受けている。DeFiの苦戦ぶりは、基盤となるイーサリアムの価格の低迷にも現れている。韓国のブロックチェーンリサーチ企業であるシャングル(Xangle)によると、イーサ (ETH)は9月1日〜9月21日までの間に22%も急落。9%マイナスにとどまったビットコインとの明暗が分かれた。7月と8月にイーサ は78%上

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました