BATとは|プライバシーを守るブラウザ「Brave」の特徴やBATの用途など

リップル
次世代型ブラウザBraveで利用できるBATとはBAT(Basic Attention Token/ベーシックアテンショントークン)とは、現在のデジタル広告業界の課題を解決するために開発されたトークンです。BATは、プライバシーに焦点を当てたブラウザ、Braveのネイティブトークンであり、Braveの新たな広告モデルにより、デジタル広告業界が大きく変容する可能性があると多くの注目を集めています。国内の仮想通貨取引所でも、BATを取り扱う取引所が増えてきています。1. BATの基本概要1-1 BATの特徴BATは、ウェブブラウザBraveのネイティブトークンかつユーティリティトークンです。Basic Attention TokenのAttentionとは「関心」を意味し、ユーザーも広告主もパブリッシャー(サイト運営者)も損を被らない、ユーザーの関心を基盤にしたエコシステムの構築を目指しています。BATは、ユーザー、広告主、およびパブリッシャーの間で交換が可能です。BATを使って、広告やサービスを利用することもできます。Brave Softwareは分散型かつオープンソースの、プライバシー

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました