仮想通貨強気派のドレイパー氏、アルトコイン投資の銘柄を明らかに:ビットコインキャッシュやXRPなど

リップル
 著名なベンチャーキャピタリストであり、ビットコイン強気派であるティム・ドレイパー氏は、自身のデジタル通貨保有について、少なくとも半ダースのアルトコインを保有していることを明らかにしている。ドレイパー氏はもともと、ダークウェブサイト「シルクロード」から米政府が差し押さえたビットコイン約3万BTCを2014年にオークションで落札し、仮想通貨(暗号資産)の世界に入った。ドレイパー氏は最近の投資カンファレンスの中で、自身のポートフォリオの中にビットコインキャッシュ(BCH)、XRP(リップル)、テゾス(XTZ)、アラゴン(ANT)を含むことを明らかにし、次のように付け加えた。「私はビリーバーだ。私は採用が起こっていると考えている。そしてそれは起ころうとしている。それは世界にとって非常に重要であり、私は世界にそれを知ってもらいたいし、世界中のほかの人々に参加してもらいたいのだ」ドレイパー氏のコメントは、つい3週間前に彼のツイッターアカウントが乗っ取られてBCHの宣伝していた後に続いた。3週間前にハッキングされた際には、彼のツイッターアカウントはBCHを購入したと喧伝し、BCH推進者であるロジャ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました