DeFiはマネーロンダリングの温床になるリスクが高い 規制は不可避か?(下)

リップル
DeFi(分散型金融)およびイールドファーミング(流動性マイニング)が急成長するにつれて、規制上のリスクが高まっています。経営コンサルタント企業ボストンコンサルティンググループ(BCG)とCrypto.comによる共同研究(9月9日公表)によると、DeFiの急成長はマネーロンダリングの可能性を生み出し、規制当局が注目する結果になると指摘しています。DeFiは中央集権型金融を脅かす「突如台頭したDeFi:金融サービスのチャンスとリスク(The Sudden Rise of DeFi: Opportunities and Risks for Financial Services)」と題したこのリポートは、DeFiの成長を促した要因、中央集権型金融(CeFi)に及ぼす影響などを分析しています。Crypto.comの共同創業者兼最高経営責任者(CEO)のクリス・マルスザレク(Kris Marszalek)氏は、DeFi急成長の理由、中央集権型金融との差異、メインストリームの金融を脅かす可能性などについてリポートの中で深く考察したと述べています。またBCG Platformのマネージングディレク

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました