仮想通貨Lisk、最後の報酬減を実行 2LSKから1LSKへ半減

リップル
仮想通貨Lisk、最後の報酬減を実行仮想通貨(暗号資産)LISKのブロックチェーンは28日、最後の報酬減期を迎え、フォージング報酬(≒ブロック報酬)が2LSKから1LSKに半減した。これまで4度の報酬減期を迎えたLiskブロックチェーンだが、今回で最後の報酬減期を迎えた。約1年毎(3,000,000ブロック毎)に減額されてきたフォージング報酬の推移は以下の通りで、ビットコインの半減期などと異なり、半減期(報酬が半減)ではなく、1LSKごと減少する仕組みとなっていた。最後(今回)の報酬減は2LSKから1LSKとなるため、実質報酬が半減される半減期と同様の売り圧力低減が期待される。今後は1LSKのフォージング報酬で固定される。2017年 – 5LSK → 4LSK2018年 – 4LSK → 3LSK2019年 – 3LSK → 2LSK2020年 – 2LSK → 1LSKLiskは世界で最も一般的に使用されているプログラミング言語 “JavaScript” を開発言語とする、Max KordekとOliver Beddowsにより開発されたブロックチェーンアプリケーションプラットフォー

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました