1500万ドル相当の仮想通貨が流出、分散型金融プロジェクトの「Eminence」

リップル
 分散型金融(DeFi)コミュニティの未監査コードに対する飽くなき欲求は、再び数百万ドルの損失に終わってしまったYearn.Finance創設者のアンドレ・クロニエ氏が手掛けているプロジェクト「Eminence(EMN)」は、開発者がプロジェクトのアートティーザーをツイッターに投稿した後、DeFiコミュニティによって発見された。その後、クロニエ氏は9月28日に就寝した。新しいプロジェクトへの興奮はすぐに熱狂に達し、コミュニティはEMNプロトコルに約1500万ドルを投資した。しかし、この未監査のプロトコルはすぐに悪用されてしまうことになる。ハッカーは1500万ドルの資金を盗み出した後、クロニエ氏が目覚めるまでに800万ドルの資金をクロニエ氏のデプロイヤーアカウントに戻すという奇妙な行動も行っている。クロニエ氏は「かなりの量の脅威」を受け取ったと指摘している。ハッキング前のEMN残高のスナップショットに基づき、ハッカーから受け取った800万ドルをユーザーに返金するとしている。またこの返金についてはYearn.Financeが支援すると発表した。クロニエ氏は、Eminenceのコントラクトも

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました