BitMEX騒動から一夜、ビットコイン出金は400億円越えに

リップル
BitMEX告訴のインパクト米司法省(DOJ)と米商品先物取引委員会(CFTC)が、暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所BitMEXと同社のアーサー・ヘイズCEOらを告発したことが発表されてから、同取引所からビットコイン(BTC)の出金が続いている。ブロックチェーン分析会社Chainalysisのチーフアナリストによると、1日17:00(日本時間2日2:00)以降に出金された数量は4万1838BTC(464億円相当)。送金数は4547件で、その半分は0.25BTC以下の送金だという。今回の告発ではBitMEXの「米国法逃れ」が指摘され、すでにSamuel Reed共同創業者(CTO)が拘束。BitMEXは100倍のレバレッジ取引で注目を集める仮想通貨業界の主要プラットフォームの1つのため、告発の影響や今後の行方に注目が集まっている。弁護士や有識者の見解を含め、詳細は以下の記事にまとめた。Chainalysisのチーフアナリストは、7425BTCが出金された時に、その3分の1が仮想通貨取引所Geminiに送金されたこともSNSに投稿した。その他のデータBTCの先物のポジションについては

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました