5年後の仮想通貨はどうなっているか?シンクタンクが調査結果公表

リップル
5年後の暗号資産(仮想通貨)はどうなるかという調査結果が発表されました。同調査によると、仮想通貨の主たる利用目的は、これまでと同様に投資と投機であることが明らかになりました。また同時に、日常の決済も人気の利用法ではありますが、最も一般的な利用法ではないだろうとの結果が出ました。仮想通貨の主要な利用目的は5年後も投資と投機この調査は英国王立防衛安全保障研究所(RUSI)と金融犯罪対策に従事するプロフェッショナル向けの国際会員制組織ACAMSが実施したもので、回答者は政府関係者や官民を問わず金融機関関連の人々が多数を占め、仮想通貨は機会(opportunity)になるというよりリスクであると考えていることが分かりました。仮想通貨業界の専門家である回答者らは、投資と投機を今後も主要な利用法と見ていますが、少数だが決済手段としての役割を期待しています。その世界的規模の利用法について、調査結果は次のように述べています。「回答者の5分の3(58%)は、仮想通貨が主として投資と投機に利用されると考えているが、不法な目的による利用が全体の2位だった。回答者はさまざまな職種にわたるが、すべての部門で投資

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました