ビットコイン、9人の投資家・アナリストが予想──年末までの価格動向

リップル
多くの暗号資産(仮想通貨)投資家は、ビットコイン(BTC)をインフレへの備え、あるいは想定される経済的破局シナリオに対するリスクヘッジと考えることが好きだ。つまり彼らが「ゴールド2.0」と呼ぶものである。最近は「Gold 2x」のようなものになっている。2020年の第4四半期が始まったばかりだが、ビットコインのリターンはゴールドの2倍(2x)だ。プロ9人はきわめて強気新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が経済を低迷させ、各国の中央銀行が数兆ドルもの紙幣を増刷するなか、ビットコインは年初からの9カ月で50%上昇、一方、ゴールドは25%上昇している。多くの投資家は、景気後退は通常デフレ傾向になることを認識しつつも、経済緩和政策は最終的には物価を高騰させる可能性があると語る。そして、ビットコインのパフォーマンスは、年初から3.5%の上昇にとどまっているS&P500株価指数と比べると、特に顕著だ。債券市場のパフォーマンスは19%程度。ビットコイン(黒)、ゴールド(黄)、債券(青)、S&P500(赤)の年初からのリターン出典 : CoinDesk ResearchCoi

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました